埋もれ毛の自己処理はのちのち後悔することが多い?!

ワキ脱毛で毎度毎度苦労するのが「埋没毛」。別名で「埋もれ毛」とも言いますが、これは皮膚の下でムダ毛が成長してしまうトラブルの事です。

 

ワキやVラインなど、ムダ毛が太く自己処理を盛んに行う箇所に良く出没します。

 

私もワキにこの埋没毛が頻繁発生し、絶対にいけない事ですがピンセットで埋もれている毛を引っ張り出した事がありました。

 

運よく上手に引っ張り出せる事もあり、その際は非常にスッキリした気持ちになります・・が、上手に引っ張り出せるのはほんの数回で、大抵は失敗してしまいます。

 

失敗するとどうなるか、皮膚を無理に引っ張ってしまうので出血します。

 

そのまま放っておいて治まる事もありますが、炎症が酷くなってシミになる事もあります。私は数年に渡って埋没毛に悩まされ、エステで脱毛してからはムダ毛がなくなったので埋没毛に悩まされる事はなくなりました。

 

 

しかし埋没毛の面影は未だに残っており、シミがしっかり残っています。もっと早くプロの手で綺麗にしてもらえば良かったと後悔しています。

 

 

私の様にシミが残る女性もいれば、ずっと黒いポツポツが消えない人もいます。この場合、ムダ毛を定期的に処理しても未処理のムダ毛がある様に見えてしまい、損をします。

 

皮膚の中でムダ毛が伸び続け、その刺激から痒みに悩み皮膚科に行く人もいます。埋没毛は案外怖い症状なのです。

 

埋没毛の原因は何?

埋没毛の原因ですが、ほとんどは外部刺激による肌ダメージによるものです。そのせいで角質が分厚くなり、毛穴をふさいでしまいます。新く育ったムダ毛も、毛穴がふさがれてしまえば皮膚表面に出られません。

 

 

皮膚の中で育ってしまい、埋没毛へと進化を遂げるのです(←大げさ?)特にワキのムダ毛に限っては、毛の生える方向がばらばらです。

 

 

しかもいつもワキ全開のポーズで生活する事はないので、毛穴も窮屈です。どうしても処理後の尖ったムダ毛が、毛穴に入り込みやすくなってしまいます。では肌がダメージを受けてしまう外部刺激とは?やはりムダ毛の自己処理と言えそうです。

 

 

1番いけないと言われているのはカミソリの自己処理で、ムダ毛を剃る時に表面の角質まで剃り落としてしまいます。先程述べた様に、ムダ毛の毛先が尖ってしまうのも原因の1つと言えそうです。

 

 

次に毛抜きでの処理もいけません、成長期のムダ毛を無理やり抜く行為ですので、毛穴の周囲の皮膚までもがムダ毛に引っ張られて剥がれてしまいます。ムダ毛が途中で切れ、そのまま埋没毛となるケースも多いです。

 

 

除毛クリームや脱色剤などの薬品なら良いのか?こちらも危険です。薬品を肌に塗布する事で、角質へのダメージが大きくなります。結果埋没毛に繋がります。

 

既に埋没毛に悩まされている人は、絶対に私の様に自分で処理なんて方法を取らないで下さい。炎症を起こしていたら皮膚科へ、病院へ行くほどでもないと判断したのなら、市販のボディースクラブなどで肌の角質を少しずつ取り除き、十分に保湿して下さい。

 

 

そしてやはりムダ毛処理は素人よりもプロに任せて下さい。脱毛サロンは肌に特化した脱毛を提案してくれますので、カウンセリングで埋没毛の事を相談すると良いと思います。