誰もが通る自己処理の道・・私の体験談をお話しましょう

ワキのムダ毛を上手に自己処理するのなら、1番お勧めなのはカミソリです。

 

まずカミソリの選択に気を使いましょう。安値のT字カミソリでは、肌までガッツリ傷をつけてしまいます。

 

 

思春期真っ只中の中学の頃の私は、妙に親に対して“恥ずかしい”という気持ちがありました。ムダ毛を処理している事実がバレるのが嫌だったのです。

 

 

ムダ毛専用カミソリを購入した場合どうしても親にバレてしまいますから、お風呂場にある父のヒゲ剃り様T字カミソリを使って、こそこそとワキのムダ毛処理をしていたのです。

 

 

自己処理の知識もないので、石鹸を頑張って泡立てながら色んな方向に剃っていました。
しかし仕上がりは散々で、血は出るわ肌はヒリヒリするわ・・散々でしたね。

 

 

私の様に残念な自己処理を続けていると、黒ずみが目立ったり埋没毛になったりします。
覚えているのが夏時期で、学校で汗をかくと脱毛後の肌に滲みるのです。痛いし痒いし、皮膚科通い寸前だったと思います。

 

 

 

この様な深刻な事態にならない様、カミソリは女性用をチョイスしましょう。

 

 

ドラッグストアなどでは、ワキ脱毛に適したカミソリが売っています。幅が小さかったりヘッドが自由に動いたりする物だと、ワキの特徴である窪みにフィットして剃り残しがありません。

 

 

ワキのムダ毛を良く観察すると、色んな方向に生えているのが分かります。脚や腕と違って厄介な特徴で、この為に一定の向きで剃っても剃り残しが出ます。色んな方向から剃って、全ての毛が剃れているか確認して下さい。

 

 

かといって毛流れに逆らいすぎると、毛穴を傷つける可能性があります。もし傷つけて、その毛穴から最近が入ったら大変です。この辺りのさじ加減が難しい所だと思います。私が中学生の頃は石鹸を使っていましたが、これもNGですね。脱毛専用フォームが売っているので、必ず購入しましょう。

 

 

石鹸だと泡がすぐへたってしまい、カミソリの刃が肌に直接当たってしまいます。その結果肌を傷つけてしまいます。専用フォームだと泡に弾力性がありますから、カミソリの刃から肌を守ってくれます。1度使うと違いが良く分かると思います。処理後ですが、必ず専用の化粧水や乳液で肌を整えてあげましょう。

 

この時、無理に美白専用の基礎化粧品にしない事をお勧めします。

 

 

 

確かにワキの黒ずみなどが気になって美白専用を使いたくなりますが、カミソリで自己処理をしたばかりのデリケートな肌にいきなり美白系の基礎化粧品では、敏感な肌にとって刺激が強すぎます。この際はまず敏感肌用など、肌に対する刺激の弱い物をチョイスしましょう。

 

 

ワキの自己処理についてつらつらと記載しましたが、自己処理でワキの肌を痛めた私は、結局エステのワキ脱毛で綺麗なワキになりました。あんなに面倒な思いをして自己処理をしてた事を後悔します。まぁ中学生だったので仕方ないですが・・。

 

 

最近はワキ脱毛も安値で施術できるので、コスト的にもエステでのワキ脱毛がお勧めです。まずは無料カウンセリングをしてみましょう。