せっかく通うなら

せっかく綺麗になる為に脱毛サロンに通ったのに、トラブルが勃発したら大変です。トラブルの内容にもよりますが、深刻な事態に発展すると自分的にも良い事はありません。

 

精神的に疲れてしまったり、肝心な脱毛が滞ってしまう可能性があります。

 

 

昔と比べて脱毛サロンのトラブルは軽減されており、粗悪サロンの噂も聞かなくなりました。

 

 

しかし“美”への追及は日々過熱しており、脱毛に関心がなくなる事はありません。よってトラブルが100%消える事は有り得ないでしょう。万が一トラブルに発展した場合、しっかりと対処する必要があります。

 

 

しかし一番良いのは事前にトラブルの可能性を把握し、トラブル自体を回避するやり方です。

 

 

円滑に脱毛を勧める為、満足な脱毛結果を得る為、よくある脱毛トラブルと回避の方法を知っておきましょう。

 

よくあるトラブルとは・・・

脱毛サロンで有名なトラブルといえば火傷です。

 

実際にレーザー脱毛をした私の体験ですが、ワキを施術した際とても痛くて焼け焦げた臭いがしました。その後氷の様な物で冷却するのですが、その後も少々火照った様な感覚がありました。

 

 

元々肌が弱い私は、もしこのまま脚や腕のムダ毛処理を契約した場合、もしかしたら肌に合わず火傷するかもと不安になりました。

 

そしてワキのみの施術で終了し、脚や腕のムダ毛処理は脱毛サロンにお願いしたのです。レーザー脱毛が悪い訳ではありませんが、レーザー脱毛は出力が強めなのが特徴的です。

 

 

肌に合わないと火傷する可能性もあります。そしてこれは脱毛サロンにも言える事なのです。いくら脱毛サロンの出力が弱めだと言っても、施術する人の肌質には個人差があります。その日の体調などでも肌質に変化がありますから、火傷する可能性は十分有り得るのです。

 

 

ではどうやって火傷トラブルを回避すれば良いのでしょうか?

 

まず第一に、契約前にしっかりとカウンセリングをしてくれるサロンを選択しましょう。

 

カウンセリングの際に火傷に関しての不安を訴え、どのように対応してくれるか聞いてみて下さい。それでも施術中に痛みを感じたり違和感があれば、施術中でもすぐに出力を下げてもらいましょう。

 

 

その日は肌がデリケートになっているかもしれませんから、一旦施術を中止する事も必要です。火傷トラブルと同じく肌関係のトラブルで挙げられるのが色素沈着です。色素沈着の原因として、脱毛後の保湿が不十分だという事が挙げられます。

 

 

肌がダメージを直接受けやすくなり、メラニン色素が沈着してしまうのです。脱毛サロンを選ぶ際、脱毛後の保湿を十分に行ってくれるサロンか確認する事が大切です。

 

 

脱毛サロンと言えば、強引な勧誘によるトラブルが後を絶ちません。

 

最近は優良サロンが増え、「強引な勧誘一切なし」といった記載を公式サイトなどに掲載しているサロンが多くなっています。しかし一部では未だに強引な勧誘があると噂されています。「ワキ脱毛がたった500円」などというキャッチコピーに惹かれていざ体験してみたら、その後強引な勧誘により全身脱毛を契約してしまった・・なんて話を耳にした事があります。

 

 

しかも料金○○万円!後で冷静になって解約を申し込んだら相手側とトラブルに。

 

 

個人的にはこの場合、トラブルになってでも解約してしまいたいです。しかし最初から回避できれば、トラブルに発展せず事なきを得ます。もし勧誘されたら、その場で決着を着けるのはやめましょう。

 

 

「帰ってから返事をします」「親と相談します」など、一旦クールダウンする事です。相手側の顔が不機嫌になったら、さっさとそんなサロンとは縁を切るべきです。最近は脱毛サロンが増えていますから、一つのサロンに固執する必要はありません。

 

 

万が一契約してしまっても、クーリングオフという手段で契約解除は可能です。

 

しかし面倒ですし精神面でのダメージも大きいです。やはり最初から勧誘は回避するべく、毅然とした態度で臨みましょう。

 

 

「1年脱毛コース」「2年脱毛コース」などの契約ですと、予想していた回数を大幅に下回る施術回数で終了してしまう事があります。元々脱毛とは毛周期に沿って施術していきますから、1回施術したらその分ムダ毛が減る訳ではないのです。

 

 

待ちに待った3ヶ月ぶりの脱毛なのに、まさかの生理で予約取り直し。そして新たな予約日は2ヶ月後・・こんな事が続けば予定の回数が終了する前に契約期間が切れてしまいます。トラブルになる前に、まず契約期間のある脱毛は契約しない方が無難です。

 

 

回数無制限のサロンに通う方が精神的にも安定するので、トラブルを回避するなら無制限の脱毛サロンを選択しましょう。

 

 

 

自分に限ってこんなトラブルに巻き込まれないと思いながらも結構怖いのが、脱毛サロン倒産トラブルです。予約日にサロンに行ったらサロン自体が存在しなかった。電話しても通じない。頭が真っ白になってしまいそうです。

 

 

この様なトラブルに巻き込まれない為には、個人経営で名前が知られていないサロンとは最初から契約しない事です。いくら激安でも家から近くても、営業年数や知名度、店舗数、口コミなどが最悪なサロンは避けて下さい。

 

 

公式サイトが存在しないサロンも怪しいです。大手サロンでも倒産する可能性はありますが、その場合どこかの組織に吸収される事が多いです。

 

 

よって名前が変わってもサロン自体は存続する可能性がありますから、そこまで心配はいりません。しっかりと見極める事が出来るか否かが、トラブルを回避のキーワードとなるのです。