巷で噂になっている脱毛とワキガの関係は?

脱毛したらワキの臭いが治まった!という話を聞いた事がありますが、一方でワキ脱毛をしたらワキガになった、最悪!という話を耳にした事もあります。

 

 

結論から言うと、ワキ脱毛とワキガの因果関係はない。そうはっきりと医学的にも証明されているそうです。

 

 

もしワキガの可能性がある人でワキガを治したいのなら、ワキ脱毛ではなくてワキガ治療をしっかりと行う方が良いです。ワキガは先天的な体質が原因となっていて、汗が出る汗腺の種類や多さに関係してきます。

 

 

汗腺は大きく3つの種類、アポクリン汗腺・エクリン汗腺・皮脂腺に分類出来ます。

 

 

アポクリン腺から汗が出ると、その汗を好むワキガ菌が住み着きます。この組み合わせにより刺激的なワキガの臭いが出てしまい、周囲を不快にさせます。

 

ワキガ治療プチ情報

ここでワキガ治療を簡単に説明すると、手術でアポクリン汗腺を取り除くのです。これが1番確実にワキガを治す事が出来ますが、軽度のワキガなら電気治療や塗り薬で抑える事もあります。もし脱毛でワキガが改善されたと説明する人がいるのなら、可能性としてニードル脱毛が考えられます。ワキの毛穴に電気針を刺して高周波電流を通し、毛根を破壊する方法がニードル脱毛です。この際にアポクリン腺と皮脂腺の破壊を同時に行う事が可能であり、ワキガの治療と脱毛を一緒に行えるとあって人気があります。しかし専門の病院でないと出来ない事ですので、ワキガ治療をしている皮膚科や美容形成・形成外科、美容整形・美容外科を調べてみましょう。脱毛はあくまで“ついで”であり、ワキガ治療が真の目的だと心得ておいた方が良いです。

 

 

脱毛サロンの光脱毛やクリニックなどのレーザー脱毛などでワキ脱毛をした場合、同時にワキガが改善されるケースはあるのでしょうか?

答えはNO!光脱毛でアポクリン線を破壊するのは無理だからです。但しワキ脱毛でワキが清潔になり、臭いが改善される事もあります。

 

 

ワキガではないけれど、汗でワキが臭う気がする・・この程度の場合、ワキ脱毛でワキを清潔にしておくのは必要だと思います。

 

 

ワキは普段閉じている時が多いですし、どうしても汗をかきやすい箇所です。暑い夏は蒸れやすくなってしまいます。そこにムダ毛まで生えていると、臭いの原因となる細菌が汗の出入り口である毛の根元に繁殖し、臭いの原因を作ってしまうのです。

 

 

 

ワキ脱毛で毛をなくしてしまえば細菌も減り、臭いの減少に繋がります。ワキ脱毛のお蔭で毛穴が引き締まると、同時に汗の出入り口が狭くなります。こうなると細菌の繁殖を抑える効果が期待出来、ワキの臭いも軽減されます。

 

 

 

ちょっと注意事項ですが、ワキ脱毛をした事で汗の感触を敏感に感じ取り、「ワキ脱毛のせいで汗が出る様になった!」と誤解する人がいます。これは今までワキのムダ毛のお蔭で、汗がダイレクトに皮膚に感じなかっただけです。

 

 

 

 

脱毛する事で汗のヌメッとした感じが直接的に伝わり、服にもついてしまって多汗症になったと誤解する人がいます。これはVIOラインを全部処理した女性が生理の際の出血を不快に感じるのと同様で、決して汗が多くなった訳ではありません。誤解しないで下さいね。