各サロンの戦略を垣間見る

一見華やかな脱毛サロン業界ですが、実は顧客収穫の競争が日々激化しています。

 

激安サロン、美肌に特化したサロン、キャンペーンで1部位だけ激安で提供するサロン、分部脱毛は捨て、全身脱毛のみで勝負するサロン・・脱毛サロンごとに掲げる特徴は様々です。

 

 

そして今、無痛脱毛という脱毛方法に注目が集まっています。

 

 

各脱毛サロンの公式ホームページをチェックすると分かるのですが、「完全無痛」「無痛100%保障」など、痛みが一切ない脱毛を宣伝しているサロンがあります。

 

しかし本当に痛くないのでしょうか?他のサロンとの違いは何なのでしょうか?無痛脱毛について考えてみましょう。

 

無痛脱毛について

まず一般的な脱毛ですが、黒いメラニン色素をターゲットに脱毛機器が作用し、皮下の黒い毛に熱が吸収されます。そして毛を伝導体として毛包全体に熱が伝わり、その熱が周囲にも広がります。毛の製造工場ともいえる毛球部の毛細胞を徐々に破壊していく仕組みです。

 

 

この機器は単一の波長なのでターゲットのみに作用し、表皮やその周辺細胞を傷つける事はありません。この脱毛方法は多くの脱毛サロンやクリニックで利用しており、脱毛サロンで行う光脱毛だと脱毛機器の出力が弱く、クリニックなどで行うレーザーだと出力が強いのが特徴です。

 

どちらも一長一短ありますが、どちらかというとエステでの光脱毛の方が痛みは少ないです。但し無痛という訳ではありません。

 

痛みが少ない脱毛サロンで有名な「ミュゼプラチナム」や「脱毛ラボ」での共通点は、S.S.C.脱毛という独自の脱毛方法です。

 

 

まず専用のジェルを肌に塗り、その上から安定した光を照射していきます。美容成分が入ったジェルと光の相互作用によってムダ毛のお手入れをしていくので、痛みが少なく安全です。ミュゼのジェルは独自開発のプラセンタエキス、脱毛ラボのジェルは美容成分入りの抑毛トリートメントという事で、どちらも脱毛しながら美肌になれるメリットもあります。

 

 

もし多少の痛みなら我慢できる人、又はスタッフさんと相談して出力を調節してもらいながらなら、痛みに挑戦できるかも?という人であれば、これらのサロンでパッチテストしてみると良いでしょう。

 

 

サロンの数も多く、料金も良心的です。実際に脱毛した女性陣の口コミも多いので、参考になります。

 

 

どうしても痛みは嫌、完全無痛にこだわりたい!又は自分の娘に脱毛させたいけど、子供だから痛いのは可愛そう・・という悩みをお持ちの人は、無痛脱毛を調べてみましょう。口コミやサロンの数が少ないのが難点ですが、Dione(ディオーネ)などでは完全無痛脱毛を掲げています。

 

 

「ハイパースキン法」「ハイスピード無痛脱毛」などと言われ、“今生えている毛”に作用させる一般的な光脱毛と違い、“毛が生える前の種”に作用させ発毛を抑制していく、全く新しい脱毛方法です。従来のように毛乳頭を破壊する方法ではないので、痛みがありません。

 

 

無痛だけでなく、出血、火傷、色素沈着の危険性も極めて少ないのも特徴的です。

 

特殊な光線がコラーゲンを活性化させる事も検証済みであり、この事からトリートメント効果もあると言えます。剃刀や毛抜きなどの自己処理で荒れてしまった肌でも、綺麗に生まれ変わる事が可能なのです。

 

 

しかも一般的な脱毛サロンでは毛周期に沿って脱毛を繰り返すのが当たり前なのに対し、ディオーネなどでは最短で2週間に1度のペースで通う事が出来ます。これなら脱毛に通っている間に面倒になってしまい、いつの間にか通うのをやめちゃった・・という勿体ない結果を防ぐ事が出来ます。一節によると、埋もれ毛などの肌トラブルも防ぐ事が可能だとの事です。まさに夢の様な脱毛方法ですね。

 

 

しかしこの無痛脱毛、口コミ数がほとんど掲載されていません。本当に完全無痛なのか、それとも少々の違和感はあるのか、ちょっと未知数です。そして価格も未知数ですので、やはり1度カウンセリングでしっかりと相談したほうが良いでしょう。

 

 

カウンセリング前に電話で聞いてみるのも良いと思います。痛みはなかったけどお財布が痛かった〜では、ちょっと切ないですからね。