思春期女子の脱毛への執着をなめてはいけません

「最近はこんな幼い子でも脱毛するの!?」なんてぶつぶつ言う頭の固い大人達、あちこちにいます。

 

しかし正直な話、脱毛したいという思いが強いのは思春期真っ只中の女子です。

 

毛深い事に悩む子、誰にも相談せずに自己処理して肌がボロボロな子、ムダ毛が気になって好きな子に近づけない子、ほとんどの女子がそんなムダ毛にまつわる悩みを抱いています。

 

 

私にもそんな時代があった為に「青春だな〜」なんて思うけど、思春期真っ只中の女子達のムダ毛対策は深刻な悩みなのです。

 

 

そして思春期という事もあり、この悩みを親に言い出せずにいます。これが悪循環で、間違った自己処理をひっそりと続けてしまいます。個人的な見解ですが、たとえ中学生や高校生・大学生といった未成年者でも、間違った自己処理を続ける位なら脱毛サロンでムダ毛処理する事は良い事だと思います。

 

低価格で脱毛できる時代

一昔前なら脱毛にかける料金がネックであり、社会人になり自分で自由にできるお金を稼いでから契約する。これしか選択肢がありませんでした。私自身も社会人になってから自分で脱毛用のお金を貯め、晴れて契約しました。

 

 

しかし羨ましい事に、ここ数年でエステでの脱毛料金がみるみるうちに下がっています。下がっているからといって技術が劣る訳でもなく、むしろしつこい勧誘を自重して技術の向上にも奮闘し、その上キャンペーン価格での脱毛箇所を強調しお客さんを呼び込む、サロン側も顧客集めに必死なのです。

 

 

ワキだけならキャンペーンを利用すれば500円程度で脱毛できます。しかも脱毛完了まで何度でも利用できますから、社会人どころか学生のお小遣いでやりくりできちゃいます。腕や脚でもお年玉を工面すれば契約可能となり、一気に脱毛サロンを利用する年齢層の幅が広がったのです。但しあくまで未成年ですから、いくつかの注意点がある事を知っておいた方が良いです。

 

未成年の脱毛には親の承諾が必要

未成年の子が一人で脱毛する事は可能です。しかし、親の承諾が必要不可欠です。

 

これは基本的にどこのサロンでも共通しており、未成年の方が脱毛の施術を受ける際は保護者の許可があることが前提となります。もしも親の承諾なしで施術できますよ♪なんてサロンがあったら、そのサロンは怪しいです。止めておいた方が無難です。

 

 

エステでの脱毛は出力も弱く肌の負担は限りなく少ないですが、それでも子供の肌はデリケートです。何かあった時の為に親の同意書が必要なのは仕方ない事で、もしくは親の同伴が必要というサロンもあります。各サロンの公式ホームページで確認しておきましょう。

 

 

もう1つ、未成年といっても幅が広いです。19歳でも未成年だし7歳の子供も未成年です。18歳や19歳なら生理周期も安定して体つきも大人なので、脱毛サロンで適切なケアをすれば問題ありません。しかし7際の子供が脱毛する場合、生理が来て身体が女性らしくなると共に毛深くなる事があります。

 

 

つまり脱毛サロンで綺麗にしても、成長と共に毛が再発する可能性があります。

 

結果、せっかく脱毛したのに再度契約して脱毛・・という流れになってしまいます。

 

 

未成年の脱毛は絶対大丈夫!とは言い切れませんが、キッズ脱毛の場合は親がそれでも良いと判断すれば、脱毛に踏み切っても大丈夫だと思います。最近はキッズモデルの存在やダンスの普及で、ムダ毛に対する意識年齢が早いです。

 

 

子供がムダ毛に悩んでいるのに頭ごなしに「ダメ」と言うのはどうかと思います。私の経験からいうと、やっぱり子供の気持ちに寄り添って一緒に考えてほしいものです。