主な脱毛方式と概要

<光脱毛>
エステサロンで行う脱毛方式が光脱毛です。他にも「フラッシュ脱毛」「フラッシュライト脱毛」などと命名しているサロンもありますが、脱毛方式としては光脱毛と同じです。黒いメラニン色素に反応する光を照射する事で、ムダ毛の根っこを攻撃します。これを毛が生える周期に合わせて何度も繰り返す事で毛が生えにくくなり、脱毛効果が期待できるのです。光脱毛は光の出力を一定に制限しているので、エステティシャンでも安全に扱えます。医師が常駐しなくても問題ありません。但しメラニン色素に反応するので、日焼けした肌に照射すると火傷の恐れがあります。これは後から説明するレーザー脱毛でも同じ事ですが、トラブルを起こした際に医師がいるかいないかでは施術を受ける側の心構えも違ってきます。光脱毛は出力の制限があるので弱く、効果が出るまでに時間がかかります。又永久脱毛というほど完全なものではなく“不再生脱毛”といったところです。脱毛範囲がワキなど狭い範囲での濃いムダ毛は永久脱毛のクリニックなどで施術し、足や腕など広範囲に渡ってムダ毛が気になる部分はエステで光脱毛を受けるという風に、脱毛機関を分ける人もいます。但し最近は各エステサロンでキャンペーンを頻繁に行っており、ワキ脱毛なら1,000円以下で施術可能だという所に注目すると良いです。価格を重視するならエステでワキ脱毛を受けた方がお得ですので、その際は必ず完全脱毛コースなど気が済むまで通う事が出来るサロンを選ぶのがコツだと思います。光脱毛は痛みが少ないので、そこも脱毛機
関を決めるポイントとして考えると良いでしょう。

 

 

<レーザー脱毛>
クリニックや美容外科など、医療機関での施術が可能なのがレーザー脱毛です。黒いメラニン色素に反応する光を照射する事、何度かそれを繰り返す事で脱毛効果が期待できる事など、根本は光脱毛と同じだと思って下さい。但しレーザー脱毛は集中的な光で施術するので威力が強く、医療従事者でないと扱えません。肌トラブルが多い人や火傷の心配が怖い人は、急なトラブルでも対応可能なクリニックなどでレーザー脱毛を受ける方が安心できるかと思います。しかし脱毛効果が高いので価格も高額ですし、痛みが強いのもネックです。専用の麻酔がある様なので、相談すると良いです。私はワキ脱毛をレーザーで施術し、足や腕の脱毛をエステでお願いしました。レーザー脱毛は医療行為、光脱毛は美容行為という違いを肌で感じました。どちらも一長一短があるので何とも言えませんが、ワキ脱毛はレーザーでお願いして良かったと思っています。高額な価格を支払った甲斐はあるかなという感じです。

 

 

<ニードル脱毛>
「針脱毛」とも言い、特殊な針を毛穴に差し込んで電気を流します。毛根を1つずつ破壊していく脱毛方式です。10年程前は針脱毛が主流でしたが、とても痛い事と皮膚トラブルが多い事がネックとなり、今は施術している機関が少なくなっています。もう1つ、料金が高額だというデメリットもあります。但しデメリットばかりではありません。1番のメリットは確実に脱毛効果が得られる事で、ニードル脱毛=永久脱毛だとも言われています。そして色素沈着している部分にも脱毛可能なのも特徴的です。ワキやVIOラインなどが酷く色素沈着している人の場合、全く脱毛方法の違うニードル脱毛なら脱毛できる可能性があります。ワキの黒ずみが酷い為に光やレーザーでの脱毛は拒否されたが、ニードル脱毛は問題なく施術できたという人は結構います。施術機関や人の技術によって差が出ますので、カウンセリングで担当者の実績や経験をしっかりと確認し、納得した上で安心して施術を受けられるようにしましょう。